【リコール】マクラーレン MP4-12C、エアバッグに不具合

自動車 テクノロジー 安全
マクラーレンMP4-12C
マクラーレンMP4-12C 全 1 枚 拡大写真
マクラーレンオートモーティブのアジア法人、マクラーレンオートモーティブアジアは、マクラーレン『MP4-12C』に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、エアバッグの不具合が原因。インフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切だった可能性がある。

その場合、高い湿度の環境下で大きな温度変化を繰り返すと、ガス発生剤が劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがあるという内容。

リコールの対象となるのは、合計47台。2012年2月14日から10月22日までに輸入された車両が、リコールに該当する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ アドレス125(2019年)
  • プジョー5008
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • BMW 2シリーズ
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ