キャデラック、高速道路でハンズフリー走行を実現…2018年型 CT6 に標準装備

自動車 テクノロジー ITS
キャデラックCT6に標準装備されるスーパークルーズ。高速道路でハンズフリー走行が可能
キャデラックCT6に標準装備されるスーパークルーズ。高速道路でハンズフリー走行が可能 全 1 枚 拡大写真
米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックは4月10日、『CT6』の2018年モデルに「スーパークルーズ」を標準装備すると発表した。

スーパークルーズは高速道路において、自動運転を実現するために開発。ドライバーは、ステアリングホイールから手を離し、ハンズフリー状態でのクルーズ走行を可能にする。キャデラックによると、ハンズフリー走行を実現したのは、自動車メーカー初という。

スーパークルーズは、レーザーレーダーの「LiDAR」ベースの地図データに、リアルタイムセンサーとカメラを組み合わせたシステム。これにより、車両の制御を向上させた。

キャデラックは、「スーパークルーズが長距離走行や毎日の通勤で、快適性や利便性をもたらす」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • キャデラック CT6プレミアム
  • キャデラック CT6
  • キャデラック CT6-V(デトロイトモーターショー2019)
  • キャデラックCT6 Vスポーツ(ニューヨークモーターショー2018)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ