ワールドカーデザイン、ジャガー F-PACE に…トヨタ C-HR は逃す

自動車 ニューモデル モーターショー
ジャガー F-PACE(ニューヨークモーターショー2017)
ジャガー F-PACE(ニューヨークモーターショー2017) 全 3 枚 拡大写真
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月12日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2017において、「ワールドカーデザインオブザイヤー2017」をジャガー『F-PACE』に決定した、と発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。世界20か国以上、70名を超えるジャーナリストに数名のデザインの権威が加わり、審査が行われた。

ワールドカーデザインオブザイヤー2017は、ジャガー F-PACEに。「ワールドカーオブザイヤー2017」との2冠を達成する。メルセデスベンツ『Sクラスカブリオレ』とトヨタ『C-HR』は、同賞を逃した。

ジャガーのデザインを統括するイアン・カルム氏は、「F-PACEはジャガー初のSUVだが、ひと目でジャガーと認識できるデザイン」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバルブース(ニューヨークモーターショー2019)
  • スバルブース(ニューヨークモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ GLS 新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • 10ベストインテリア2019の発表(ニューヨークモーターショー2019)
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ