ダイハツ、新旧オープンスポーツカーを展示中…創立110周年企画

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
コンパーノ・スパイダー(向かって左)とコペン
コンパーノ・スパイダー(向かって左)とコペン 全 5 枚 拡大写真
ダイハツは、創立110周年企画の第1弾として、東京支社ショールームで新旧オープンスポーツカー『コンパーノ・スパイダー』『コペン』の展示を開始した。

ダイハツは1907年創立。日本で最も歴史の長い量産車メーカーとして今年3月1日、創立110周年を迎えた。同社ではこれを記念し、東京支社にて、ダイハツの歴史と合わせて新旧のクルマを展示する企画をスタートした。

展示第一弾では「オープンカー」に焦点を当て、1965年発売のコンパーノ・スパイダーと2015年発売の「コペン・セロ」を展示する。コンパーノ スパイダーは約半世紀前に発売され、今ではなかなか見ることができない希少なクルマ。スポーツカーながら4人乗れてファーストカーとして使えることで人気を博した。

ダイハツでは、新旧モデルの展示企画として、第2弾・第3弾を計画している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コペン GR SPORTのフロントビュー(オープン)
  • 軽のABC+C
  • ダイハツ コペン GRスポーツ
  • GRスープラ/GRパーツ by TRD
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ