日産とモービルアイ、自動運転用マップ生成で協力

自動車 テクノロジー ITS
日産セレナ/プロパイロットのイメージ
日産セレナ/プロパイロットのイメージ 全 1 枚 拡大写真
モービルアイは4月25日、日産自動車との間で、自動運転用の地図の生成において協力することで合意した、と発表した。

1999年に設立されたモービルアイは、イスラエルに本拠を置く新興企業。自動運転車のコア技術となるセンサーや地図などの分野において、強みを持つ。

今回の両社の合意では、モービルアイのREM(ロード・エクスペリエンス・マネージメント)プラットフォームの開発と導入メンバーに、日産が参画。モービルアイの自動運転用の地図「Global RoadBook」を、両社が協力して生成していく。

すでに日産とモービルアイは、日産の自動運転技術「プロパイロット」の開発で協力。モービルアイによると、日産のプロパイロットでは、モービルアイの技術を利用して、ステアリング、加速、制動機能を自律的に制御して、高速道路を走行できるようにしているという。

モービルアイのAmnon Shashua会長兼CTO(最高技術責任者)は、「我々は、貴重なパートナーである日産と、次のステップを踏み出す機会を歓迎する」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産フェアレディZプロトタイプ
  • 日産 フェアレディZ プロトと歴代フェアレディZのデザイン比較。右上が初代S30、左下が4代目Z32
  • オンライン ナイト サファリ
  • フェアレディZ歴代と次期型プロトタイプ
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ