メルセデス Sクラス 改良新型、オートリブの自動運転技術を導入

自動車 テクノロジー ITS
メルセデスベンツSクラス改良新型
メルセデスベンツSクラス改良新型 全 5 枚 拡大写真
スウェーデンに本拠を置くオートリブは、改良新型メルセデスベンツ『Sクラス』に同社の自動運転技術が導入された、と発表した(21日)。

オートリブが、改良新型メルセデスベンツSクラスに供給するのは、77GHzレーダー、ステレオ/モノビジョンカメラ、ADAS(先進運転支援システム)用ECUなど。

中でも、ステレオビジョンカメラは、歩行者、車、トラックなどの物体、進行中の交通、車線標識、交通標識、道路の端などを検出して分類できる。オートリブが先進的なステレオビジョンカメラソリューションを通じて、路面検出機能を提供するのは、改良新型Sクラスが初めて。

オートリブは、「改良新型Sクラスへの供給を通じて、ダイムラーとの関係を積極的に維持していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型のプロトタイプ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型に搭載される世界初の後席エアバッグ。前面衝突時に乗員を保護
  • メルセデスベンツ EQS の開発プロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ