ドイツ FLUXのリファレンスシリーズ ハイエンドツィーターがモデルチェンジ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ドイツ FLUXのリファレンスシリーズ ハイエンドツィーターがモデルチェンジ
ドイツ FLUXのリファレンスシリーズ ハイエンドツィーターがモデルチェンジ 全 3 枚 拡大写真
ドイツ FLUX(フラックス)のリファレンスシリーズ新型ハイエンドツィーター「HT29R」と、2ウェイ機「RC270」及び3ウェイ機「RC370」2種のハイエンドコンポーネントスピーカーシステムを発売し、全国のイース・コーポレーション正規取扱店を通じて国内販売を開始した。

FLUXの最上位リファレンスシリーズのツィーターがモデルチェンジ、新しく「HT29R」へと生まれ変わった。ライトブロンズ色のツィーターハウジングは高精度なアルミダイキャスト製で、28mm径のボイスコイルとネオジウムマグネットを搭載したベント(通気孔)付き磁気回路を備えており、ダイアフラムは1つ1つ手作業による “ハンドコート” でフィニッシュしたシルクドーム型である。周波数特性 1kHz~40kHz、能率 92dBを誇り、ワイドレンジ且つクリアで豊かな高域特性を実現する次世代のHi-Fiハイエンドツィーターが登場した。

◆製品名:HT29R
仕様:29mmワイドレンジツィーター(ペア) 
本体価格¥110,000(税別)
●定格入力:150W ●公称インピーダンス:4Ω ●周波数特性:1kHz-40kHz ●最低共振周波数(Fs):740Hz ●能率:92dB ●取付穴直径:56mm ●取付深さ:27mm

また、リファレンスシリーズの2ウェイ及び3ウェイコンポーネントスピーカーシステムもツィーターのモデルチェンジに伴い下記のように変更された。
※ミッドレンジ、ミッドウーファー、パッシブクロスオーバーは変更なし

◆製品名:RC270
仕様:16.5cm2wayコンポーネントスピーカー(セット) 
本体価格¥278,000(税別)
●定格入力:150W ●公称インピーダンス:4Ω ●周波数特性:66Hz-40kHz
●能率:92dB ●取付穴直径:142mm(ウーファー部) ●取付深さ:69mm(ウーファー部) ●クロスオーバー:サイズ(幅×奥行×高さ)215×118×48mm ●スピーカーグリル:サイズ(幅×高さ)172×14mm

◆製品名:RC370
仕様:16.5cm3wayコンポーネントスピーカー(セット) 
本体価格¥404,000(税別)
●定格入力:150W ●公称インピーダンス:4Ω ●周波数特性:66Hz-40kHz
●能率:92dB ●取付穴直径:142mm(ウーファー部)●取付深さ:69mm(ウーファー部)●クロスオーバー:サイズ(幅×奥行×高さ)260×135×48mm
●スピーカーグリル:サイズ(幅×高さ)172×14mm

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • LCサウンドファクトリー(栃木県)。
  • 200万円のスピーカーを12セット販売!?その実績の裏には説得力のあるデモカーの存在があった。
  • 【プロショップ訪問記】サウンドステーション ルロワ(愛知県)全国トップクラスのセンス抜群なインストール。トレードインからハイエンドまでスマートにカッコ良く高音質を目指すプロショップ
  • “バイアンプ接続”が可能なパッシブクロスオーバーネットワークを付属したスピーカーの一例(ダイヤトーン)。
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ