【リコール】キャデラック CTS、エンジンが始動できなくなるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
キャデラックCTSセダン
キャデラックCTSセダン 全 1 枚 拡大写真
ゼネラルモーターズジャパンは、キャデラック『CTS』に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、エンジンのアース線の取り回しが不適切なことによるもの。アース線が、ドライブシャフトに接触している可能性がある。

そのため、そのままの状態で使用を続けると、走行中にアース線が損傷。最悪の場合、エンジンが始動できなくなるおそれがある。

リコールの対象となるのは、合計53台。2015年8月18日から2017年4月25日までに輸入された車両が、リコールに該当する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・ラングラー・アンリミテッド
  • 改善箇所
  • 改善箇所
  • メルセデスベンツS560
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ