ホンダ、燃料電池タクシー運用開始…クラリティ フューエルセル で6月末より

エコカー EV
ホンダ クラリティ フューエル セル
ホンダ クラリティ フューエル セル 全 1 枚 拡大写真
ホンダは、燃料電池自動車(FCV)の用途拡大に向け、『クラリティ・フューエルセル』のタクシー運用を6月末をめどに開始すると発表した。

クラリティ・フューエルセルは、一充填走行距離約750km、水素充填時間3分程度といったガソリン車と変わらない使い勝手や、セダンタイプのFCVとして初めて5人乗りを実現した居住性、静かで力強くなめらかなドライブフィールで好評を得ている。

今回、FCVの本格普及に向け、タクシー運用を通じて得た走行データなど、さまざまな情報をフィードバックし、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組んでいく。

なお運用には帝都自動車交通(東京都中央区)、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)、タクシー会社4社が協力する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ クラリティPHEV。島根・益田にて。
  • ホンダ クラリティPHEV。鳥取のハワイ(羽合)海水浴場にて。
  • ホンダ ブースイメージ
  • ホンダ・クラリティ・フューエル セル
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/05/18/294880.html/article/2017/05/18/294879.html/article/2017/05/18/294881.html