【2017NEW環境展】今日から開催---環境をビジネスにする

自動車 ビジネス 企業動向
2017NEW環境展ポスター
2017NEW環境展ポスター 全 1 枚 拡大写真
環境の総合EXPOである「2017NEW環境展(N-EXPO 2017)」が、5月23~26日の会期で、東京臨海都心の東京ビッグサイトで開催される。主催は日報ビジネス株式会社。今回のテーマは「環境ビジネスの展開」となっている。

主催者では、環境との共生を無視しては企業の存続が危ぶまれる時代になった、と現代を分析する。とりわけ、資源有効利用や多様な新エネルギーの活用は、環境対策として最重要の取り組みだという。

これらを背景に、各種課題に対応する環境技術・サービスを一堂に展示し、情報を発信することで環境保全を啓発することが「NEW環境展」の目的だ。

出展者の対象事業は「再資源化・廃棄物処理・解体」、「環境インフラ・国土強靭化・防災減災」、「水処理・水質浄化」、「土壌・大気・環境改善」、「バイオプラスチック・包装・エコ製品」、「バイオマス・有機性廃棄物処理」、「環境ソフト・スケール・測定・分析・環境ソリューション」、「収集・運搬・搬送・保管・物流」、「サーマル」、「関係団体・学術機関」、「自治体」の各分野にわたる。

出展者数は515社、2031小間で、昨年比プラス8社、プラス78小間と、規模を大きくした。動員計画は同時開催の「地球温暖化防止展」と合わせて15万人。昨年実績は15万7958人だった。入場料は税込1000円で、地球温暖化防止展にも入場可能だ。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • タグチ工業が開発したスーパーガジラ。
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • 脱着ボデートラック(車両総重量7.5トン車対応)
  • 新明和 G-PXシリーズ(参考画像)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/05/23/295067.html/article/2017/05/23/295066.html/article/2017/05/23/295068.html