トヨタ、CSRCネクスト発表…自動運転やコネクトカーの新技術を研究へ

自動車 テクノロジー ITS
トヨタの米国の先進安全技術研究センター
トヨタの米国の先進安全技術研究センター 全 1 枚 拡大写真
トヨタ自動車は5月31日、米国の先進安全技術研究センターにおいて、自動運転やコネクテッドカー技術についての新たな研究、「CSRC ネクスト」を行うと発表した。

トヨタは2021年までの5年間に、先進安全技術研究センターにおける研究に対して、およそ3500万ドルを投資。主に4つの方向性で研究を進める計画。

1、さまざまな衝突形態に対応するための、センサーの高度化による予防安全・衝突安全技術の統合。
2、自動運転技術など、先進技術を搭載した車を、ドライバーのみならず、交通社会全体を見据えて、より使いやすく、より人間の感覚に合った車とするための開発モデルづくり。
3、ドライバーの心理状態や健康状態を具体的な数値で把握することで、より良いモビリティにつなげていく研究。
4、ビッグデータと安全の分析手法を活用して、より現実の交通環境に即した運転データを研究できるアルゴリズムやツールの開発。

トヨタは、「先進安全技術研究センターの自動運転技術開発のスピードを加速させるとともに、複雑さを増す新時代のモビリティと将来の社会のトレンドについても調査していく」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ ノア(2018年)
  • BluEarth-GT AE51
  • ファルケン ワイルドピークA/T トレイル 01A
  • スズキ・アクロス
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV