【リコール】ジャガー XFR、燃料装置に不具合で火災のおそれ

自動車 テクノロジー 安全
ジャガーXFR
ジャガーXFR 全 1 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは5月31日、ジャガー『XF』の高性能グレード、「XFR」の2009年型に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、燃料装置の不具合によるもの。燃料ポンプフィルターフランジの燃料圧力に対する強度が不足しており、フランジ部に亀裂が発生することがある。

そのため、亀裂部から燃料が漏れ、漏れて気化した燃料が高温の排気管により着火し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

リコールの対象となるのは、2009年6月1日に輸入された車両。合計3台が、リコールに該当する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ CBR1000RR-Rファイアブレード(グランプリレッド)
  • マツダCX-30
  • ダイハツ・ムーヴ(2017年)
  • ダイハツ・タント(2018年)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV