米日産、2018年型の大半に自動ブレーキを標準装備…前年から倍増

自動車 テクノロジー 安全
日産ローグ
日産ローグ 全 5 枚 拡大写真
日産自動車は6月8日、米国向けの2018年モデルの大半に、自動ブレーキを標準装備すると発表した。

自動ブレーキを標準装備するのは、『ローグ』、『ローグスポーツ』、『アルティマ』、『ムラーノ』、『リーフ』、『パスファインダー』、『マキシマ』、『セントラ』など。2017年モデルに対して、2倍以上の車両に自動ブレーキが標準化されることになる。

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)のデータによると、警察に届け出があった自動車事故の3分の1は、追突事故。また、自動ブレーキが装備されていれば、傷害保険の請求を35%減らすことが可能になるという。

北米日産は、自動ブレーキ装着車の販売台数が、2018年モデルでは100万台に到達すると見込む。同社の商品企画担当、Michael Bunce副社長は、「大きなニュースは、ベストセラー車のすべてのグレードで、自動ブレーキを標準化していること」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産フェアレディZ次期型
  • 日産フェアレディZプロトタイプ
  • 日産 フェアレディZ プロトと歴代フェアレディZのデザイン比較。右上が初代S30、左下が4代目Z32
  • オンライン ナイト サファリ
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ