キッザニア東京の「運転免許試験場」と「カーデザインスタジオ」がリニューアル…ドライビングシミュレーター導入

自動車 ビジネス 国内マーケット
ドライビングシミュレーターの表示イメージ
ドライビングシミュレーターの表示イメージ 全 4 枚 拡大写真
三菱自動車とKCJグループは、子ども向け職業・社会体験施設「キッザニア東京」の「運転免許試験場」と「カーデザインスタジオ」の両パビリオンを、6月30日にリニューアルオープンすると発表した。

運転免許試験場は、交通標識や交通安全、運転中のマナーなどを覚えることができるパビリオンで、今回、新たにドライビングシミュレーターを導入する。A・B・Cの3コースで挑戦でき、Aコースを修了すると運転免許証を発行。Bコースは緊急車両の対応も学びつつ運転技術が磨け、Cコースは高速道路とトンネルを走る練習をしながら、景色を楽しむことができる。

カーデザインスタジオは、デザイン画を見ながら粘土を使って自動車のモデルをつくる仕事を体験できるパビリオン。今回、より創造力をかきたてるデザインオフィスのイメージに改装した。クリエイティブなオフィスの中で、さまざまな情報をもとに、協力しながら形にしていくことで、チームワークの大切さを学び、想像力や発想力を高めることができる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱自動車の益子修会長
  • 三菱 eKクロススペース
  • 左から、帯広三菱自動車販売の鈴木修士社長、三菱自動車十勝研究所の新井慶司所長、音更町の小野信次町長、十勝三菱自動車販売の鈴木享社長
  • 三菱 eKクロススペース
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ