【スバル WRX S4 改良新型】ツーリングアシスト全車標準装備、走行性能も向上

自動車 ニューモデル 新型車
スバルWRX S4
スバルWRX S4 全 46 枚 拡大写真
SUBARU(スバル)は、高性能セダン『WRX S4』の大幅改良モデルを8月7日に発売すると発表した。

今回の改良では、サスペンションのダンパーやスプリング、スタビライザーのセッティングの最適化と電動パワーステアリングの改良により、フラットな乗り心地やステアリングフィールを向上。ボディ各所に施した振動騒音対策により車内静粛性も高め、より上質でパフォーマンスの高い走りを実現した。

また、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートする新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」をはじめ、後退時自動ブレーキシステムやステアリング連動ヘッドランプを全グレードに標準装備。安全性能も向上させた。

エクステリアは、LEDヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパーのデザインを刷新し、フロントフォグランプにはLEDを採用。ホイールのデザインもより力強いデザインへと変更し、パワフルでシャープな走りを感じさせるスタイリングを実現した。

インテリアは、インパネやセンターコンソール、センターパネルをはじめとする各種パネルをより質感の高いものに変更。また新型8インチビルトインナビを採用するとともに、マルチファンクションディスプレイを5.9インチの大型カラー液晶に変更し、より高精細で見やすい車両情報表示とした。

価格は2.0GT EyeSightが336万9600円、ビルシュタイン製ダンパーや本革シートを装備する2.0GT-S EyeSightが373万6800円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/07/03/296910.html/article/2017/07/03/296909.html/article/2017/07/03/296911.html