フォード、AIとロボット工学の研究チームを設立…高度な自動運転を実用化へ

自動車 テクノロジー ITS
フォードモーターの未来の自動運転車のイメージ
フォードモーターの未来の自動運転車のイメージ 全 1 枚 拡大写真
米国の自動車大手、フォードモーターは7月3日、リサーチ&アドバンストエンジニアリング部門に、人工知能(AI)とロボット工学の研究チームを設立した、と発表した。

このチームは、新しいセンサー技術、機械学習法、世界市場への参入のための技術的要件、およびパーソナルモビリティデバイス、ドローンおよびその他の航空ロボットの開発に、さらなる焦点を当てるべく設立したもの。高度な自動運転の実用化にも役立てていく。

すでにフォードモーターは、Argo AIとの提携により、自動運転車プログラムのためのコンピュータプラットフォーム、センサー、アルゴリズムの開発を実行。フォードモーターのロボット工学および人工知能の研究者は、Argo AIチームと協力して、将来有望な新技術を次世代の自動車に取り入れることを目指す。

また研究チームは、ミシガン大学、スタンフォード大学、バージニア工科大学、パデュー大学、テキサスA&M、ジョージア工科大学などのロボットと人工知能を研究している大学とのプロジェクトを主導する。

フォードモーターのリサーチ&アドバンストエンジニアリング担当、ケン・ワシントン副社長は、「最近では、自動運転車が注目されているが、コンピューティングパワーとセンサー技術の能力が、将来の輸送の形を変えるのに役立つ重要な方法が数多くある。ロボットや人工知能の影響は、今後5~10年後でさえ、潜在的に莫大なものになるだろう」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 1957年式 フォード フェアレーン
  • マツダ『RX-7』
  • ボッシュの自動駐車の実証実験
  • ボルグワーナーの高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV