【オートモーティブワールド2018】自動運転EXPOを新規開催、最新技術を展示予定

自動車 テクノロジー ITS
オートモーティブワールド
オートモーティブワールド 全 2 枚 拡大写真
リード エグジビション ジャパンは、2018年1月17日から3日間、東京ビッグサイトで行う自動車技術展「オートモーティブ ワールド」にて「自動運転EXPO」を新規開催すると発表した。

オートモーティブ ワールドは毎年1月、東京ビッグサイトで開催している世界最大の自動車技術展。毎年規模を拡大して開催しており、前回は過去最多の960社が出展、世界中から3万4542名の業界関係者が来場した。同イベントでは従来、「カーエレクトロニクス」「EV・HEV技術」「軽量化技術」「コネクティッドカー」「自動車部品・加工」の5テーマに分かれた展示会を開催していたが、2018年には「自動運転」という新テーマが加わる。

現在、自動車メーカーや自動車部品メーカーは、自動運転車の早期実用化を目指して、急ピッチで開発を進めている。新規開催の「自動運転EXPO」には自動運転車をはじめ、センシング/ADAS技術、ダイナミックマップ関連技術、半導体・AIなど自動運転を実現する様々な製品が展示される予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ベアリングへの識別情報印字例
  • スバル 商品企画本部・プロジェクトゼネラルマネージャー 布目智之氏
  • トヨタ自動車 GAZOO Racing Company スープラ開発責任者の多田哲哉氏
  • ボルグワーナー 副社長兼エミッションズ&サーマルシステムズ・アジア事業本部長のクリストファー・J・ランカー氏、副社長兼マーケティング・広報・政府渉外担当のスコット・D・ジレット氏、ボルグワーナー・モールスシステムズ・ジャパン代表取締役社長の三島邦彦氏(右から)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/07/13/297397.html/article/2017/07/13/297396.html/article/2017/07/13/297398.html