テスラの新型EV、モデル3 の詳細発表---航続500km

エコカー EV
テスラ モデル3
テスラ モデル3 全 5 枚 拡大写真
米国のEVメーカー、テスラは7月29日、米国で新型EV、『モデル3』の納車セレモニーを開催し、モデル3の詳細を明らかにした。

モデル3は、『モデルS』の下に位置する小型EVセダン。テスラにとって、入門EVの役割を担うモデルとなる。2017年4月の発表以来、先行予約が発表3週間で40万台に迫る人気となっていた。

今回、発表されたモデル3の詳細では、米国仕様は2グレードで構成。ベースグレードは、0~96km/h加速5.6秒、最高速210km/hの動力性能。1回の充電で、最大355kmを走行可能。米国価格は3万5000ドル(約387万円)から。

「ロングレンジ」と呼ばれる上級グレードは、0~96km/h加速5.1秒、最高速225km/hのパフォーマンスを持つ。1回の充電で、最大およそ500kmを走行できる性能を備える。米国価格は4万4000ドル(約486万円)から。

充電に関しては、テスラ独自の急速チャージャー、「スーパーチャージャー」が利用可能。30分の充電時間で、ベースグレードがおよそ210km走行分、ロングレンジグレードがおよそ275km走行分を充電できる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラのEV
  • テスラ・モデル3
  • テスラ・モデルS(参考)
  • テスラ車と充電器。米カリフォルニア州では、2035年から州内で内燃機関車の販売が禁じられる。
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV