【リコール】アウディ Q5、カーテンエアバッグが突然開くおそれ

自動車 テクノロジー 安全
アウディQ5
アウディQ5 全 1 枚 拡大写真
アウディジャパンは7月31日、SUVの『Q5』に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

今回のリコールは、サンルーフフレーム部の整備作業において、サンルーフ部の排水口と排水ホースの組付が不適切な場合、雨水などが排水ホースを通じて車外に排出されないことがあるのが原因。

そのため、車外に排出されない雨水などを、カーテンエアバッグインフレータと接触している内装材位置決め用スポンジ(インシュレータ)が吸水。そのままの状態で使用を続けると、インフレータが腐食。最悪の場合、インフレータが破損して、意図せずカーテンエアバッグが展開するおそれがある。

リコールの対象となるのは、『Q5 3.2クワトロ』『Q5 2.0Tクワトロ』『Q5 3.0Tクワトロ』『SQ5』『Q5ハイブリッド』の5車種。2010年7月13日から2016年9月15日までに輸入された1156台がリコールに該当する。

アウディジャパンは、対象車を所有する顧客に連絡。全車両、カーテンエアバッグのインフレータを確認し、ISI 社製インフレータを装着している場合は、インシュレータを取り外し、インフレータ容器に腐食防止用ワックスを塗布する。

また、サンルーフ部の排水口と排水ホースの組付けが不適切な場合は、ホースを正しく組付け、インシュレータを取り外し、腐食防止用ワックスを塗布した新品のインフレータと交換するリコール作業を行う。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日野デュトロ
  • トヨタ ダイナ(2019年)
  • 日産セレナ(C26)
  • アウディ TT クーペ (2018年)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ