【夏休み】ブロードリーフ、キッズエンジニアに協賛…次世代を担う子どもたちを応援

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
キッズエンジニア2017
キッズエンジニア2017 全 1 枚 拡大写真
ブロードリーフは、8月4日・5日の2日間、ポートメッセなごやで開催される、クルマの科学にふれながら楽しく学べるイベント「キッズエンジニア2017」に協賛する。

キッズエンジニアは、自動車を中心とした様々な分野の科学技術やものづくりに興味を持ってもらうことを目的とした体験型学習イベント。2008年からスタートし、横浜と名古屋で交互に開催(2011年のみ大阪)してきたが、名古屋開催となる今年はポートメッセなごやを会場に26の教室型プログラムと11の体験展示型プログラムを用意。親子で楽しく学べるイベントとなっている。

同イベントには、トヨタや日産をはじめ、各自動車メーカーや部品メーカーなどが協賛。自動車アフターマーケット業界を中心にITシステムやサービスを提供するブロードリーフも、イベントをきっかけに子どもたちが科学技術やものづくり、クルマ文化に興味を持ってくれることを願って、キッズエンジニア2017への協賛を決定した。

キッズエンジニア2017は小学生とその保護者が対象で、事前登録または当日登録すれば入場は無料。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブロードリーフとBEMACフィリピンズ社
  • Zenmovを持分法適用会社化して新しいモビリティサービスを提供
  • ブロードリーフの作業分析/業務最適化ソフトウェア「OTRS」のウェブサイト
  • 産業革新研究所が運営する「ものづくりドットコム」のウェブサイト
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ