イメージは「柳の木」…奥羽本線柳田駅が小さく改築へ

鉄道 企業動向
小さな待合室と通路があるだけの、新駅舎のイメージ。
小さな待合室と通路があるだけの、新駅舎のイメージ。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本秋田支社は8月7日、奥羽本線柳田駅(秋田県横手市)を改築すると発表した。

現在の柳田駅は、横手駅が管理する無人駅で、駅舎は、1926年11月の開業時から使われている木造平屋建てとなっている。

築年数が91年を経過し、老朽化が懸念されていることから、今年12月の完成を目途に改築されることになった。

新駅舎は、JR東日本社内で行なわれたデザインコンペの優秀作品を基に設計。愛着を感じてもらえるように、かつて駅周辺で見られた「柳の木」をイメージしたものとする。

改築工事に伴ない、現駅舎は撤去され、面積9.9平方mの小さな駅舎が建築される。工事中の8月下旬から12月上旬までは、現駅舎に隣接する仮駅舎での営業となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 全車が特別車で運行されている名鉄の中部国際空港アクセス特急『ミュースカイ』。車掌端末は461台が導入され、座席発売状況の確認のほか、名鉄運行情報に表示される外国語表示の音声再生にも対応している。
  • 001系『Laview』8号車(池袋寄り先頭車)
  • 大鰐線の7000系電車。
  • 新元号は令和
  • 大鰐線の7000系電車。
  • 雪21号の外観。塗色は新しい雪11号と変わっていない模様だ。
  • ななつ星 (AC)
  • 国土交通省が示した、現在の熊本地震関連の復旧状況。

ピックアップ