イメージは「柳の木」…奥羽本線柳田駅が小さく改築へ

鉄道 企業動向
小さな待合室と通路があるだけの、新駅舎のイメージ。
小さな待合室と通路があるだけの、新駅舎のイメージ。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本秋田支社は8月7日、奥羽本線柳田駅(秋田県横手市)を改築すると発表した。

現在の柳田駅は、横手駅が管理する無人駅で、駅舎は、1926年11月の開業時から使われている木造平屋建てとなっている。

築年数が91年を経過し、老朽化が懸念されていることから、今年12月の完成を目途に改築されることになった。

新駅舎は、JR東日本社内で行なわれたデザインコンペの優秀作品を基に設計。愛着を感じてもらえるように、かつて駅周辺で見られた「柳の木」をイメージしたものとする。

改築工事に伴ない、現駅舎は撤去され、面積9.9平方mの小さな駅舎が建築される。工事中の8月下旬から12月上旬までは、現駅舎に隣接する仮駅舎での営業となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本上空の宇宙空間に滞在し、国内での位置情報の測位を向上させる日本の準天頂衛星システム初号機『みちびき』のイメージ。
  • 新青森駅に並ぶ東京行きと新函館北斗行きの『はやぶさ』。東北・北海道新幹線では新青森~新函館北斗間の車内販売が3月15日限りで終了。残る東京~新青森間では『やまびこ』が終了し、『はやぶさ』『はやて』では弁当や軽食類の販売が終了する。
  • 『チャギントン』のキャラクター。
  • 1号車(飯能寄り先頭車)
  • 209系を改造した『B.B.BASE』。
  • 西武鉄道001系Laview
  • 気仙沼線BRTでは、気仙沼市内に岩月駅が新設され、列車との乗換時分も一部短縮される。
  • かつてはしなの鉄道にも乗り入れていたことがあった189系N102編成。3月28日に運行される記念列車でも乗入れする。

ピックアップ