イメージは「柳の木」…奥羽本線柳田駅が小さく改築へ

鉄道 企業動向
小さな待合室と通路があるだけの、新駅舎のイメージ。
小さな待合室と通路があるだけの、新駅舎のイメージ。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本秋田支社は8月7日、奥羽本線柳田駅(秋田県横手市)を改築すると発表した。

現在の柳田駅は、横手駅が管理する無人駅で、駅舎は、1926年11月の開業時から使われている木造平屋建てとなっている。

築年数が91年を経過し、老朽化が懸念されていることから、今年12月の完成を目途に改築されることになった。

新駅舎は、JR東日本社内で行なわれたデザインコンペの優秀作品を基に設計。愛着を感じてもらえるように、かつて駅周辺で見られた「柳の木」をイメージしたものとする。

改築工事に伴ない、現駅舎は撤去され、面積9.9平方mの小さな駅舎が建築される。工事中の8月下旬から12月上旬までは、現駅舎に隣接する仮駅舎での営業となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 不具合が発生した2編成のうち、すでに1編成が復帰したTX-2000系電車。
  • 1月9日に脱線事故が発生した藤崎線藤崎宮前~黒髪町間の併用軌道区間。今回、藤崎線では全線で木製枕木のPC化が進められることになった。
  • 熊本市電の幹線(A系統)慶徳校前~辛島町を行く0800形超低床電車。「神水・市民病院前」はA系統(健軍町~熊本駅前・田崎橋)とB系統(健軍町~上熊本駅前)の停留場。「上熊本駅前」はB系統の停留場。
  • 追加発売分も同じデザインとなる「タイガースICOCA」:球団旗
  • 建設中の九頭竜川橋梁。2019年6月。橋脚は県道部分と一体で整備されたため、新幹線のすぐ脇を自動車が通る珍しい橋となる。現在、県道の橋は左岸部分のみが着工されている。
  • 十三駅に停車中の阪急9000系電車。
  • 「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区に投入される新観光列車の内外装イメージ。
  • 車両モニタリングシステムが導入されるJR貨物のEH800形電気機関車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/08/08/298434.html/article/2017/08/08/298433.html/article/2017/08/08/298435.html