自動運転で FCAフィアット・クライスラー がBMW連合に参加…開発を促進

自動車 テクノロジー ITS
クライスラー・パシフィカ・ハイブリッド自動運転車
クライスラー・パシフィカ・ハイブリッド自動運転車 全 1 枚 拡大写真
BMWグループは8月16日、BMWグループ、インテル、モービルアイの自動運転プラットフォームに、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)が参加すると発表した。

2016年7月、BMWグループ、インテル、モービルアイの3社は、自動運転車の開発における提携を発表。2021年までに、完全自動運転車を量産することを目指している。

この3社連合に今回、FCAが参加することが決定。BMW グループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「FCAを新たなパートナーとして迎え、世界規模でメーカーの垣根を超えた最先端の自動運転ソリューションを開発するための道筋を強化していく」とコメント。FCAのセルジオ・マルキオンネ会長は、「この連合に参加することで、FCAはシナジー効果と利益を得ることができる」と述べる。

開発パートナーは、それぞれの能力やリソースを活用して、自動運転プラットフォームの技術を向上。開発効率を高め、自動運転車の市場投入までの時間を短縮していく。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ