中山間地域での自動運転サービスを実証、日本初 9月2日から栃木で

自動車 テクノロジー ITS
中山間地域での「道の駅」を拠点とした自動運転サービス
中山間地域での「道の駅」を拠点とした自動運転サービス 全 1 枚 拡大写真
国土交通省は、中山間地域での「道の駅」を拠点とした自動運転サービスについて9月2日に道の駅「にしかた」(栃木県栃木市)で全国初となる実証実験を実施する。

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域での人流・物流を確保するため、「道の駅」を拠点とした自動運転サービスを2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で、順次、実証実験を行う予定。

今回、全国初となる実証実験を、9月2日から9月9日までの間、道の駅「にしかた」で実施する。今回の実験車両には、自動運転レベル4(専用空間)のDeNAの車両を使う。GPSなどで自社位置を特定し、規定のルートを走行する車両自律型技術を搭載している。定員は6人(立席含めて10人)で、速度は10km/h程度。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 令和2年7月豪雨で多くの車両が被災した(7月8日、球磨郡)
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 新しいモビリティサービスの社会実装を目指す実証地域
  • さいたま市スマートシティ推進事業(将来像)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ