AIを実装したタクシー配車アプリの実証実験、横浜市でDeNAが実施へ

自動車 テクノロジー ネット
タクシー配車アプリ「タクベル」の画面
タクシー配車アプリ「タクベル」の画面 全 3 枚 拡大写真
ディー・エヌ・エー(DeNA)は、AI(人工知能)を活用したタクシー配車アプリ「タクベル」の実証実験を横浜市、神奈川県タクシー協会の協力を得て横浜市の限定エリアで9月12日から10月31日まで実施する。

タクシー配車アプリの「タクベル」は、タクシーをスムーズに呼び出すためのサービス。乗客は、アプリで予想到着時間を事前に確認した上で指定場所へタクシーの配車依頼を行うことが可能。

周辺走行中のタクシーをアプリで可視化されて表示されるため、空車のタクシーを簡単に確認できる。顧客と迎車のタクシーお互いの現在地を確認できる機能や定型メッセージを送り合える機能を実装する。「タクベル」にはAIを活用した需要予測システムを導入する。需要予測システムは、運行中の車両から収集するビッグデータとタクシー需要に関連する各種データを解析し、乗務員へリアルタイムにタクシー需要予測情報を提供するもの。

実証実験は、横浜市の中区、西区、JR横浜線沿線(東神奈川~長津田)周辺のエリアを対象に実施する。乗務員専用端末を搭載したタクシーを約200台のうち、1日当たり100台程度が走行する予定。アプリの利用料金は無料。

実証実験は、乗客と乗務員それぞれがサービスを利用体験することで、実用化に向けた課題を明らかにし、実用性の高いサービスの設計に結び付けるのが目的。

神奈川県内で2018年1月以降に実用化する計画で、神奈川県以外の地域にも順次導入を進め、将来的には、タクシーと乗客のニーズをマッチングするサービスの実現に結び付けていく。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV