【リコール】スバル サンバー 62万台、クランクプーリ不具合でエンジン停止のおそれ

自動車 テクノロジー 安全
スバル サンバー(2002年)
スバル サンバー(2002年) 全 2 枚 拡大写真
SUBARU(スバル)は9月7日、軽商用車『サンバー』のエンジンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは1999年1月20日から2008年2月27日に製造された62万2348台。

エンジンの防振ゴム付クランクプーリの構造が不適切なため、使用過程においてクランクプーリ本体と防振ゴム部の接着面が剥離するものがある。そのため、当該クランクプーリのリング部が空転または外れ、発電機が作動しなくなり、エンジンが停止するおそれがある。また、最悪の場合、外れたリング部が他の交通への妨げになるおそれがある。

改善措置として、全車両、クランクプーリを点検し、接着タイプのクランクプーリであれば対策品に交換する。

不具合は403件発生、事故が1件起きている。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

スバル サンバーの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  3. スポーツツアラーらしからぬ先鋭デザイン、スズキ『GSX-S1000GT』発表…クルコンなど最新装備満載
  4. アクセサリソケットにすっぽり収まる超小型カーチャージャー3種発売…サンワサプライ
  5. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  6. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  7. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  8. 北米カーオブザイヤー2022、日本車はホンダ シビック 新型…第2次選考8車種
  9. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  10. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
ランキングをもっと見る