【フランクフルトモーターショー2017】中国のラグジュアリーSUVブランド「WEY」が初出展

自動車 ニューモデル モーターショー
WEYブース(フランクフルトモーターショー2017)
WEYブース(フランクフルトモーターショー2017) 全 19 枚 拡大写真
9月12日にドイツ・フランクフルトで開幕した、フランクフルトモーターショー。トヨタ、レクサスブースと同じホール内に、ひときわ煌びやかでありながら、見慣れないブースがある。そこには大きくWEYと書かれていた。

WEYは自ら「チャイニーズ・プレミアム・SUV・パイオニア」と名乗っている通り、中国長城汽車グループに属するプレミアムSUVブランドだ。今年が初のフランクフルトショーへの出展となる。

中国のブランドということを前面に出しながらも、CEOはドイツ人。そして車両開発には、様々な国から1600人もの専門家が携わっているという。

出展ブースではガルウィングドアを採用したコンセプトPHV『XEV』を初公開し、その他にも『VV5 s』、『VV7 s』、『P8』を展示。『VV5 s』と『VV7 s』はすでに中国市場で販売されているとのことだ。

担当者によると、現在は中国市場のみで展開しているブランドであるものの、再来年には欧州市場にも参入する計画とのこと。

《関 航介》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV