NXPと独ソフト企業、自動運転向け新プラットフォーム発表…AI活用

自動車 ビジネス 企業動向
NXPセミコンダクターズの公式サイト
NXPセミコンダクターズの公式サイト 全 1 枚 拡大写真
NXPセミコンダクターズとHELLA Aglaiaは9月12日、新たな自動運転向けの「オープンビジョンプラットフォーム」を発表した。

NXPセミコンダクターズはオランダに本拠を置き、自動車向けの各種ソリューションを提供。自動運転を含めたADAS(先進運転支援システム)は、主要事業のひとつ。一方、HELLA Aglaiaは、ドイツ・ベルリンに本拠を置く自動車向けのソフトウェア企業。

今回の発表は、自動運転の全レベルにおいて、高度なセンサーとソフトウェア技術の組み合わせを可能にするためのもの。NXPセミコンダクターズとHELLA Aglaiaは、AI(人工知能)を活用した機能により、現在のADAS(先進運転支援システム)プラットフォームを2018年に拡充していく。

両社の2つのソリューションはシステムインテグレータやOEM企業に対し、最も重要な運転支援機能をカバーする拡張性を提供する。その中には、交通信号認識、車線逸脱検出、配光可変ヘッドライトのほか、歩行者/車両検出などが含まれている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転技術を手がけるApex.AI
  • 播磨科学公園都市(兵庫県上郡町)で12月5~9日に実施される自動運転バス公道実証実験(画像は初日のようす)
  • モービルアイ・ジャパンは12月3日、インテルに買収された後、日本で初となる事業説明会を開催した
  • (イメージ)
  • ヴィーズマン MF6 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A3セダン 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/09/14/299784.html/article/2017/09/14/299783.html/article/2017/09/14/299785.html