【フランクフルトモーターショー2017】メルセデス、全車種に電動仕様を設定へ…2022年までに

自動車 ニューモデル モーターショー
メルセデスベンツ コンセプトEQA
メルセデスベンツ コンセプトEQA 全 4 枚 拡大写真
メルセデスベンツは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、2022年までに電動パワートレイン搭載車を全モデルに設定すると発表した。

メルセデスベンツは現在、コネクテッド、オートノマス(自動化)、シェア、エレクトリックを4つの柱に掲げる企業戦略「CASE」を推進中。この4つの柱の中で、エレクトリックを強化するのが、今回の発表となる。

メルセデスベンツは9月12日に開幕したフランクフルトモーターショー2017において、電動モデルを次々と発表。これらの新型車を擁し、2022年までの全ラインナップ電動化の達成を目指す。

なお、競合メーカーでは、ボルボカーズ、ジャガー・ランドローバー、フォルクスワーゲングループが、相次いで全ラインナップの電動化計画を公表している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMWのフランクフルトモーターショー2019のブース
  • フランクフルトモーターショー2019
  • フランクフルトモーターショー2019
  • VW ID.3
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV