ヤマハ発動機、9モデルを生産終了---SR400など次期モデル開発

モーターサイクル 企業動向
SR400
SR400 全 2 枚 拡大写真
ヤマハ発動機は、2016年の二輪車排出ガス規制などによって8月末で『SR400』など9モデルを生産終了としたと発表した。

8月末で生産終了したのはSR400のほか、『ドラッグスター400』、『ドラッグスター400クラシック』、『セロー250』、『トリッカー』、『マグザム』、『アクシストリート』、『VOX』、『BW'S』。

一部モデルは販売店に流通在庫が残っているとしている。

一方、発売時期は未定ながらSR400、セロー250、トリッカーは後継モデルを開発する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カワサキZ650
  • ヤマハ レディプロジェクトのメンバー
  • 全日本モトクロス2019年チャンピオン山本鯨選手
  • 埼玉県 高校生の自動二輪車等の交通安全講習
  • 新型アフリカツイン・デザイナー桂川 碧さん(写真中央)
  • ヤマハ セロー250 ファイナルエディション
  • ヤマハ MT-07
  • ヤマハ セロー250 ファイナルエディション(左)と、初代セロー225

ピックアップ