【CEATEC 2017】クラリオン、自動運転に向けた統合HMIソリューションを紹介へ

自動車 テクノロジー 安全
スマートコックピット
スマートコックピット 全 1 枚 拡大写真
クラリオンは、10月3日から6日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2017」の日立ブースにて、自動運転に向けた統合HMIソリューション「スマートコックピット」をキャビン型モックアップで紹介する。

日立ブースでは、ロボティクスやAI(人工知能)をはじめとするデジタル技術を活用した社会イノベーション事業を紹介。安全で豊かな近未来の生活コンセプトを日常生活のシーン別に展示する。

クラリオンは「ストレスのない移動」ゾーンにて、表示、音声、振動などにより、ドライバーに確実に情報を提供し、より安全で快適な自動運転の実現に取り組む統合HMIソリューション「スマートコックピット」を紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動遠隔出庫(長距離呼び寄せ)システム「Long Range Summon」
  • faurecia clarion ナビ&フルデジタルサウンド試聴会
  • クラリオン NXV997D
  • 「Full Digital Sound・システム」の搭載例(製作ショップ:ゼプト<北海道>)。
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/09/27/300284.html/article/2017/09/27/300283.html/article/2017/09/27/300285.html