八千代工業、ホンダに軽自動車生産事業を移管へ協議

自動車 ビジネス 企業動向
八千代工業四日市製作所でつくられているホンダS660
八千代工業四日市製作所でつくられているホンダS660 全 3 枚 拡大写真
八千代工業は、ホンダに完成車生産事業を売却することで、譲渡協議を開始することに合意した発表した。

八千代は四日市製作所で軽自動車『アクティ』や『バモス』、『S660』など、少量モデルを生産している。ホンダは軽自動車に関する事業を強化するため、八千代の四日市製作所を、ホンダの事業戦略と迅速、柔軟に連携させて、技術力や技能を有効活用するため、ホンダに移管することを八千代に提案した。

八千代では、完成車生産が減少する中、完成車事業で培った従業員の技術・技能・経験をホンダグループ内で有効活用される提案と判断、ホンダへの移管を決めた。八千代は完成車事業の移管後、自動車部品事業に経営資源を集中させる。

ホンダに移管するのは軽自動車生産に関する事業で、自動車製造の溶接、塗装、組み立てライン。ホンダに売却する事業の詳細は両社で今後詰めていく。

[おわび]譲渡協議を開始することに合意であり、決定はしていません。修正して再公開いたしました。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • S660用CFRPルーフ
  • フラッグシップモデル「極<KIWAMI>」(手前)、スタンダードモデル「挑<IDOMI>」(奥)
  • ヤチヨカスタマイズパーツ装着のホンダ S660
  • フラッグシップモデル「極<KIWAMI>」(手前)、スタンダードモデル「挑<IDOMI>」(奥)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/10/04/300662.html/article/2017/10/04/300661.html/article/2017/10/04/300663.html