ZMP、政府のSIP自動走行システムの大規模実証実験に参加

自動車 テクノロジー ITS
自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」
自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」 全 1 枚 拡大写真

ZMPは、内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム」の大規模実証実験に参加すると発表した。

同社は、将来の自動運転タクシーサービスの実現を目指し、自動運転技術の研究開発を進めている。今回の実証実験では、自動運転技術開発プラットフォーム車両「RoboCar MiniVan」を使用する。

RoboCar MiniVanは市販ハイブリッドミニバンをベース車両とした実験車両で、自動車関連メーカーや研究機関・大学が自動運転や先進運転支援システム(ADAS)関連の研究開発用途に販売している。

また、同社ではドライバーによるデータ計測サービス「ロボテスト」によって自動車/部品メーカーの公道でのデータ収集作業をサポートしており、実証実験では、これらの車両やサービスの知見を活かしていく。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
  9. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  10. テスラ『サイバートラック』、4モーター車から生産へ…2022年
ランキングをもっと見る