ホンダ、米国工場に投資…新世代エンジン生産へ

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダの米国オハイオ州アンナ工場
ホンダの米国オハイオ州アンナ工場 全 1 枚 拡大写真
ホンダの米国生産子会社、ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリングは10月12日、米国の工場に投資を行うと発表した。

この工場は、米国オハイオ州のアンナ工場。新世代のホンダエンジンを生産するために、投資を行う。

オハイオ州のアンナ工場では同日、エンジン累計生産基数が2500万基を達成。2500万基目となったのは、最新のダウンサイズエンジン。1.5リットル直列4気筒ガソリンターボだった。

ホンダは最近、アンナ工場に4700万ドルを投資したばかり。2つの新型直噴VTECターボ4気筒エンジンと『アコードハイブリッド』用2.0 i-VTECアトキンソンサイクルエンジンを含む、新型『アコード』用のエンジンを組み立てる。

アンナエンジン工場では、新型『シビックタイプR』用エンジンも生産。現在、アンナエンジン工場は、世界最大のホンダエンジン工場となっている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アキュラ NSX(北米仕様)
  • ホンダ・ジャズ(フィットに相当) 新型
  • 日本郵便に導入されるホンダの電動バイク『ベンリィe:』
  • ホンダ N-WGNカスタム 新型
  • メルセデスベンツ SL 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • シトロエン C4カクタス後継モデル プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Cクラス 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ S3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ