ミシュランが「ロードコネクト」アプリ導入…トラックドライバーに最適ルート提案

自動車 テクノロジー ネット
ミシュランの「ロードコネクト」アプリ
ミシュランの「ロードコネクト」アプリ 全 1 枚 拡大写真
ミシュランは10月13日、トラックドライバー向けアプリ「ロードコネクト」を欧州市場に導入した、と発表した。

ロードコネクトは、ミシュランの新しいデジタルサービス。1年以上の期間をかけて、30人のトラックドライバーと共同開発。ドライバーのニーズを満たすことを目指す。

ロードコネクトは、ドライバーが最適なルートを見つけることを支援するアプリ。欧州のナビゲーションサービス大手、TomTomと協力。渋滞や天候、給油や食事などの休憩にも配慮しながら、3種類のルート(最短、最速、最も経済的)をドライバーに提案する。

また、ロードコネクトでは、トラックドライバー同士が、コミュニケーションを取ることを支援。ドライバー間でソーシャルリンクが作成でき、仲間の輪を広げてくれる。

ロードコネクトは、グーグルのAndroid、Google Playに対応。2017年末までには、アップルのiOSにも拡大展開する。フランス語、英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポーランド語、オランダ語の各言語に対応している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV