山陽電鉄3000系「トップナンバー」引退で乗車・撮影イベント 11月23日

鉄道 企業動向
まもなく引退する3000系の第3000編成。11月23日に引退記念イベントが行われる。
まもなく引退する3000系の第3000編成。11月23日に引退記念イベントが行われる。 全 2 枚 拡大写真
山陽電気鉄道は11月23日、「3000号さよなら記念イベント」を開催する。前日の11月22日に3000系電車の3000号(第3000編成)が通常の営業運転を終了することから、引退記念イベントとして第3000編成の乗車・撮影会を行う。

3000系は1964年から1971年にかけて64両が製造された、山陽電鉄の電車。阪神電気鉄道や現在の阪急電鉄との直通運転に対応した最初の車両だ。第3000編成は3000系の一番最初の車両(トップナンバー)で、1965年に営業運転を開始。同年6月には「オールアルミ合金製という技術が評価」(山陽電鉄)され、鉄道友の会のローレル賞を需要した。

イベントは事前申込制で、10月20日10時から11月8日12時まで山陽電鉄ウェブサイトの専用ページで受け付ける。募集人数は120人。参加費は3000円で記念品が付く。当日はヘッドマーク付きの第3000編成に乗車して山陽姫路駅を9時10分に出発。山陽明石駅で折り返して東二見駅に向かい、東二見車庫内で撮影会を行う。

山陽電鉄は「山陽電車110年の歴史の半分を地域の足として活躍してきた『3000号』にご乗車いただけるラストチャンス」とし、イベントへの参加を呼びかけている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京メトロ 有楽町線&副都心線用17000系
  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。

ピックアップ