アルパイン ビッグX、セレナ専用モデルに11型大画面の投入決定…アラウンドビューモニターにも対応

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
アルパイン ビッグX 11 セレナ専用モデル ※画像は開発中のイメージ
アルパイン ビッグX 11 セレナ専用モデル ※画像は開発中のイメージ 全 1 枚 拡大写真
アルパインは、日産『セレナ』では最大となる11型大画面を実現する車種専用カーナビ「ビッグX 11」を2018年2月より発売すると発表した。

アルパインではこれまで、セレナ専用として9型画面のビッグXをラインアップ。今回、10型以上の大画面に対する要望に応え、新たにセレナ専用として11型大画面のビッグX発売を決定した。

新製品はセレナのダッシュボードにジャストフィット。空気の隙間をなくしたギャップレス構造のWXGAクリアブラックディスプレイを搭載し、クリアな地図・映像を表示する。ナビ機能については、大画面にタッチすることなく、声だけでカーナビを快適に操作できる「ボイスタッチ」を搭載。ストレスフリーで安心して運転に集中できる。

また、日産オリジナルナビ取付パッケージ装着時のステアリングスイッチ/TVアンテナ/GPSアンテナに対応するほか、市販ナビとしは初めてアラウンドビューモニターにも対応。上空からの映像を11型大画面に表示できる。

なお詳細な情報については、順次、アルパインホームページにて公開される予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 装着イメージ(CGイメージ)
  • タッチレス操作パネル
  • アルパインスタイル・プレミアムリムジン・ブラッシュドブラック・コンセプト(東京オートサロン2020)
  • アルパイン 12.8型リアビジョン RXH12X2-L-B
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ