レクサス CT200h、欧州で2018年型…先進運転支援が充実

エコカー ハイブリッド
レクサスCT200hの2018年モデル
レクサスCT200hの2018年モデル 全 6 枚 拡大写真

レクサスは11月10日、『CT200h』の2018年モデルを欧州で発売した。

CT200hの2018年モデルのハイライトが、先進運転支援システム(ADAS)の充実。予防安全パッケージの「レクサス・セーフティ・システム+」を設定し、安全運転支援を強化している。具体的には、アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシストアラート、ロードサインアシスト、プリクラッシュシステム、自動ハイビームを用意した。

また外装は、新デザインのメッシュパターンを持つスピンドルグリルを採用。ヘッドランプ上部には、アローヘッド形状のクリアランスランプをレイアウトするなど、フロントマスクを中心にイメージチェンジを図った。

インテリアは、シート表皮に2トーンカラーを採用。ナビゲーションシステムのディスプレイは10.3インチに大型化し、利便性を引き上げている。

ハイブリッドパワートレインは、1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジン(最大出力99hp)に、モーター(最大出力82hp)の組み合わせ。0~100km/h加速10.3秒、最高速180km/hの性能を発揮する。欧州複合モード燃費は27.8km/リットル、CO2排出量は82g/kmと公表されている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  7. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  8. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  9. トヨタ タンドラ 新型、生産開始…ハイブリッドは2022年春から
  10. テスラ『サイバートラック』、4モーター車から生産へ…2022年
ランキングをもっと見る