青函トンネルの機関車、関西へ…京都鉄道博物館で初展示 2018年1月

鉄道 企業動向
JR貨物のEH800形。2018年1月に京都鉄道博物館で展示される。
JR貨物のEH800形。2018年1月に京都鉄道博物館で展示される。 全 2 枚 拡大写真
京都鉄道博物館(京都市下京区)は2018年1月、本州と北海道を結ぶ青函トンネルで使われているEH800形電車機関車(JR貨物)の特別展示を行う。EH800形が関西エリアで展示されるのは、今回が初めて。

青函トンネルは1988年に在来線(海峡線)のトンネルとして開業。2016年からは北海道新幹線との共用トンネルになったため、これに対応した機関車としてEH800形が開発された。通常は在来線の東青森(青森市)~函館貨物(北海道函館市)間で貨物列車をけん引しており、関西エリアへの入線と展示は今回の特別展示が初めてという。

展示期間は2018年1月20日から28日まで。博物館の本館1階にある現役車両展示用の線路で展示される。EH800形のほかコキ107形コンテナ車と各種コンテナも展示される予定だ。

《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ