日産 GT-R、2018年モデル発売…イモビライザーとApple CarPlayを全車標準装備

自動車 ニューモデル 新型車
日産 GT-R プレミアムエディション(2018年モデル)
日産 GT-R プレミアムエディション(2018年モデル) 全 3 枚 拡大写真
日産自動車は、高性能スポーツモデル『GT-R』および『GT-R NISMO』の2018年モデルを11月16日より発売する。

2018年モデルでは、これまで上位モデルの「GT-R NISMO」「GT-R プレミアムエディション」に標準設定していた車両防盗システム(イモビライザー・国土交通省認可品:サッチャム準拠)を全グレード標準設定へと拡大した。

また、iPhoneとテレマティクスシステムを連動させる「Apple CarPlay」に全グレードで対応。運転に集中したまま、「目的地への行き方を調べる」、「電話をかける」、「メッセージを送受信する」、「音楽を聴く」などの操作を大画面ディスプレイで行うことができる。

GT-Rの価格は1023万0840円から1396万9800円、GT-R NISIMOは1870万0200円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 万年筆スカイラインGT-R(BNR32)
  • 日産 GT-R 50 by Italdesign の市販モデル
  • 日産ペーパークラフト:GT-R NISMO
  • 「400R」「Z」そして「GT-R」…日産のスペシャリティ・モデルは雪上でもインテリジェントか
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ