審査員は女性だけ、ベストパフォーマンスカー賞はホンダ シビックタイプR 新型に | レスポンス(Response.jp)

審査員は女性だけ、ベストパフォーマンスカー賞はホンダ シビックタイプR 新型に

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

新型ホンダ・シビックタイプR
新型ホンダ・シビックタイプR 全 1 枚 拡大写真
ホンダの欧州法人、ホンダモーターヨーロッパは11月15日、新型『シビックタイプR』が「ウィメンズ・ワールドカーオブザイヤー2017」において、ベストパフォーマンスカー賞に選出された、と発表した。

女性のみが選考に参加できる世界で唯一の自動車賞が、ウィメンズ・ワールドカーオブザイヤー。20か国の25名の女性審査員が、420車種の中から60車種に絞り込み、その中から選考を行い、最高の1台を選出する。

新型シビック タイプRは、2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」を搭載。欧州仕様の場合、最大出力320psを発生する。0~100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を備えている。

ホンダモーターヨーロッパのフィリップ・ロス上級副社長は、「女性は新車購入者の半数以上を占めており、車の購入に関する意思決定に大きな影響を与えている。シビックタイプRがこのように認識されたことは、素晴らしい成果」と語っている。

なお大賞はヒュンダイ『アイオニック』が獲得し、日本メーカーではマツダ『CX-5』がファミリーカー部門のウィナーになっている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

ピックアップ

編集部ピックアップ