ジャガー・ランドローバー、コネクテッド自動運転車両技術の公道テストを開始…世界12都市に拡大へ

自動車 テクノロジー ITS
ジャガー・ランドローバーのコネクテッド自動運転車両技術の公道テスト
ジャガー・ランドローバーのコネクテッド自動運転車両技術の公道テスト 全 6 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバーは11月17日、コネクテッド自動運転車両技術の初の公道テストを英国で開始した、と発表した。

コネクテッド自動運転車両技術は、ジャガー・ランドローバーの重要プロジェクトのひとつ。この分野の開発やテストを幅広く行うために、100台を超える研究用車両を生産する。同社は最終的にこの技術によって、ドライビングエクスペリエンスが向上し、よりスマートかつ安全で、クリーンな運転が実現できることを目指す。

ジャガー・ランドローバーが今回開始した公道テストは、車両間および車両と信号機などの道路インフラとの通信を可能にするコネクテッド自動運転車両技術。テストは英国コベントリーでまずは開始され、世界12都市に拡大していく予定。

ジャガー・ランドローバーは、完全自動運転と半自動運転車両技術の開発に取り組む。オンロードやオフロードなどの路面状況や天候条件など、現実社会のあらゆる運転環境に対応する自動運転車両を実用化することを目標に掲げている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV