レクサス CT200h、燃料タンク不具合でリコール…給油時のガソリンが漏れるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
レクサス CT200h(2016年)
レクサス CT200h(2016年) 全 2 枚 拡大写真

トヨタ自動車は12月6日、レクサス『CT200h』の燃料タンクに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年11月21日~2017年2月7日に製造された640台。

燃料タンクに対してインレットパイプが傾いた状態で溶着され、接合面が部分的に溶け込み不足となっているものがあることが判明。そのため接合面がはがれて、給油時や満タン時に燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料タンクを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。海外市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. テスラ『サイバートラック』、4モーター車から生産へ…2022年
  9. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  10. トヨタ タンドラ 新型、生産開始…ハイブリッドは2022年春から
ランキングをもっと見る