ホンダ、中国センスタイム社と自動運転のAI技術を共同開発へ

自動車 テクノロジー 安全
センスタイム社(Webサイト)
センスタイム社(Webサイト) 全 1 枚 拡大写真
本田技術研究所は12月7日、中国のセンスタイム社と自動運転の人工知能(AI)技術に関する5年間の共同研究開発契約を締結したと発表した。

センスタイム社は、AIの最先端技術の一つであるディープラーニングを用いた画像認識、特に移動体を認識する技術を得意とする企業として、世界で高い評価を受けている。

共同研究開発では、センスタイム社が持つ「移動体認識技術」と、ホンダの「シーン理解」「リスク予測」「行動計画」といったAIアルゴリズムを融合。AIアルゴリズムを学習するための大規模計算技術や、AIプログラムを車載コントローラーへ実装する技術を共同研究し、複雑な交通状況の市街地でも走行を可能にする、より高度な自動運転技術の開発を目指す。また共同研究開発の領域は、自動運転だけでなく、今後ロボティクスにも拡大していく予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ・パスポート 新型(北米仕様)
  • 日産セレナe-POWER ホンダ ステップワゴン e:HEV スパーダ トヨタ ヴォクシー
  • トヨタ自動車「踏み間違い加速抑制システムII」表示機
  • メルセデスベンツAクラス ボルボ V40 マツダ3 トヨタ カローラスポーツ VW ゴルフ ホンダ シビック ハッチバック スバル インプレッサスポーツ
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ