いすみ鉄道が年越し夜行列車を運行…国鉄型気動車で

鉄道 エンタメ・イベント
いすみ鉄道の年越し夜行列車ツアーに使われるキハ28形(前)とキハ52形(後)の2両編成。
いすみ鉄道の年越し夜行列車ツアーに使われるキハ28形(前)とキハ52形(後)の2両編成。 全 1 枚 拡大写真
千葉県の大原駅(いすみ市)と上総中野駅(大多喜町)を結ぶいすみ鉄道は、この年末年始に国鉄型気動車を使った夜行列車ツアーを実施する。

12月31日の大晦日から2018年1月1日の元旦にかけて、JR西日本から購入したキハ52形(キハ52 125)とキハ28形(キハ28 2346)の2両編成に乗車する、1泊2日のツアー。

行程は、大多喜駅(大多喜町)を19時30分に出発し、大原駅~上総中野駅間を2往復、大原駅~大多喜駅間を1往復半し、翌6時に大多喜駅に戻る。途中の国吉駅(いすみ市)では23時41分から0時40分まで停車し、年越しを迎える。

旅行代金はボックスシートを1人で利用できる「1BOX占有プラン」が1万3500円、ボックスシートを2人で利用できる「1/2(ハーフ)BOXプラン」が1万円、ロングシートを利用する「ロングシートプラン」が9300円。

申込みは、JTBのインターネット予約サイトで受け付けている。未成年者の参加はできない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 佐賀県の協議入り難色に戸惑いを見せている赤羽一嘉国土交通大臣(前列中央)。写真は、新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する国土交通省幹部会議に出席した赤羽大臣。
  • 本設化後の小田栄駅までは、営業キロによる運賃が適用される。現在は、川崎新前から手前の駅(A駅)から小田栄駅まで利用する場合、実際より0.7km短い川崎新町までの運賃が適用されている。
  • 両側面に「遙か水平の先を見つめる龍馬像」をデザインしたという『志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり』1号車「Kurofune」のイメージ。帯部分のデザインは蒸気機関をモチーフにしている。
  • 平日には7本が増発される『京王ライナー』。
  • 九州新幹線西九州ルートの終点となる長崎駅。
  • 只見線で運用されている「東北地域本社色」のキハ40形。写真は引退後に小牛田運輸区に留置されていた陸羽東線・石巻線のキハ40形。
  • JR桜木町ビルでの110形蒸気機関車展示イメージ。
  • 大船渡線BRT。今改正では一部が気仙沼線BRTへ直通する。

ピックアップ