ブガッティ シロン、全世界で全車リコール…フライング・ドクターが行く

自動車 テクノロジー 安全
ブガッティ・シロン
ブガッティ・シロン 全 4 枚 拡大写真
ブガッティは、全世界で納車された『シロン』の全車をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、シートのリクライニング機構のブラケットの溶接に不具合の可能性があるために行われるもの。走行中にシートの背もたれが突然動き、事故につながるおそれがある。

リコールの対象になるのは、現時点までに全世界で納車されたシロンの全車で、47台が該当。

なお、ブガッティは、「フライング・ドクター」制度を導入。顧客に連絡した上で、ブガッティの技術者が全世界の顧客の元に出向き、車両の点検を行う。異常が見つかった場合、車両を引き取り、リコール作業を実施する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • ブガッティ・シロン・ピュルスポール のドイツ・ニュルブルクリンク北コースでの最終ハンドリングテスト
  • ブガッティ・シロン・ピュルスポール の開発プロトタイプ
  • ジンガのレーシングゲーム『CSR Racing 2(CSR2)』に収録されているブガッティ・シロン・ピュルスポール
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV