イタリアから空飛ぶ車、ホバークーペ…モチーフは1920年代

自動車 ニューモデル 新型車
ラッザリーニデザイン社の空飛ぶ車、ホバークーペ
ラッザリーニデザイン社の空飛ぶ車、ホバークーペ 全 4 枚 拡大写真
イタリアに本拠を置くラッザリーニデザイン社は、空飛ぶ車のコンセプトモデル、『ホバークーペ』を発表した。

ホバークーペは最新テクノロジーを満載した、レトロなデザイン表現した、空飛ぶ車。モチーフは1920年代の名車、イソッタ・フラスキーニ『ティーポ8』。レッド+ブラックのボディカラーや、グリルやフード、窓回りのデザインなどに、イソッタ・フラスキーニ・ティーポ8のイメージを再現する。

ホバークーペには、4基のタービンエンジンを搭載。空中では、最高速550km/h以上での飛行を想定している。

また、道路を走行する際には、路面からわずかに浮き上がって走行。そのため、4輪のある位置にはタイヤが装着されていない。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ