国産旧車ミニカー5種、ホットウィールから新春発売…早期売り切れ予想

自動車 ビジネス 国内マーケット
『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』
『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』 全 6 枚 拡大写真
世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナル株式会社(東京都千代田区)は、『カーカルチャー アソート』より、『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』を、2018年1月上旬より発売する。

カーカルチャーアソートとは、カルチャーにフォーカスした特徴的なデコレーションやファン絶賛のホイールなど、ホットウィールの象徴的なミニカーコレクションだ。

今回発売する HW カーカルチャー ジャパン・ヒストリックス2 は、日本旧車モデルだけを集め、2016年に発売された『HW JAPAN HISTORICS (ジャパン・ヒストリックス)』の第二弾となる。

車種は、日産『ローレル』C130型、日産『スカイライン』C210型、日産『フェアレディZ』、ダットサン『ブルーバード』510型、マツダ『RX-3』の5車種が登場。

そのうち、ローレルとスカイラインは、シャコタン・デッパ・オバフェンの街道レーサースタイルでモデル化した。

ホットウィ―ルは、1968年に販売を開始し2018年で発売50周年を迎える、販売台数世界一のダイキャストカーブランド。今回の製品は、前作のジャパン・ヒストリックスとはまた違う、国産旧車の魅力がたっぷりとつまった、ホットウィ―ルコレクター必見のアソートだ。

《平川 亮》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  4. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  5. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  6. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  7. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  8. 歴代のダットサンが集結…昭和平成なつかしオールドカー展示会inアリオ上田
  9. 風力発電の電気で製造…BMW i3 フォーエバー仕様 11月に欧州で発売
  10. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
ランキングをもっと見る