パイオニア、サイバーナビ搭載のアウディ R8 などを東京オートサロン2018で展示予定

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
パイオニア ブースイメージ
パイオニア ブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
パイオニアは、1月12日から14日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に出展、先進のカーエンタテインメントを紹介する。

カーナビ・カーオーディオブランド「カロッツェリア」ブースでは、サイバーナビを搭載したアウディ『R8』のほか、ハイレゾ対応のカロッツェリア製品を搭載したスバル『レヴォーグ』と、車種専用サイバーナビやリアモニターを搭載した日産『セレナ』を展示し、先進のカーエンタテインメント体験を提供する。

また、サイバーナビの音楽ストリーミングサービス「ミュージッククルーズチャンネル」を体感できるVRコーナーを設置するほか、パイオニア創業80周年記念の特設展示を実施。創業者 松本望氏が開発した国産初のダイナミックスピーカー「A-8」や、世界初の市販GPSカーナビ「AVIC-1」を展示し、パイオニアの80年を映像で振り返る。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • サイバーナビ「AVIC-CQ910-DC」取付イメージ
  • パイオニア(ジャパンキャンピングカーショー2020)
  • “つなぎ放題”の実現で、YouTubeなどストリーミング動画が存分に楽しめるようになった新型サイバーナビ
  • AVIC-CQ910-DC
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ