まさかの復活!! 生産終了のランドローバー ディフェンダー、限定150台を生産

自動車 ニューモデル 新型車
ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8
ランドローバー・ディフェンダー・ワークスV8 全 7 枚 拡大写真
ランドローバーは1月17日、同社の70周年を記念して、2016年に生産を終了した『ディフェンダー』を150台限定で生産すると発表した。

ディフェンダーは1983年に発表。ランドローバーの第1号車として1948年にデビューした「シリーズ1」の伝統を受け継ぎ、高い悪路走破性を第一に追求したモデル。その無骨なまでのフォルムと卓越したオフロード性能は、世界中で多くのファンに支持されてきた。

ランドローバーは2016年1月、ディフェンダーの生産を終了。その68年の歴史に幕を下ろした。しかし今回、ランドローバーは70周年を記念して、ディフェンダーを限定で生産すると発表。『ディフェンダー・ワークスV8』と命名されたモデルを、150台限定発売する。

ディフェンダー・ワークスV8には、5.0リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力405ps、最大トルク52.5kgmと、ディフェンダー史上、最強のスペックを獲得した。ZF製8速ATを介して、0~96km/h加速5.6秒、最高速170km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

ディフェンダー・ワークスV8は、ランドローバー・クラシックが販売を担当。英国でのベース価格は、15万ポンド(約2280万円)と公表されている。

《森脇稔》

【画像】まさかの復活!! 生産終了のランドローバー ディフェンダー、限定150台を生産(7枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  4. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  5. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  6. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  7. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  8. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  9. フォードの電動ピックアップトラック、予約は15万台以上…試作生産を開始
  10. トヨタ ランドクルーザー 新型、納期は1年以上になる見通し
ランキングをもっと見る