レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
レクサス LF-1 リミットレス(デトロイトモーターショー2018)
レクサス LF-1 リミットレス(デトロイトモーターショー2018) 全 10 枚 拡大写真
レクサスは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、最上級クロスオーバー車のコンセプトカー、『LF-1リミットレス』に自動運転技術を搭載すると発表した。

LF-1リミットレスは、レクサスが次世代のクロスオーバー車を提案したコンセプトカー。ボディサイズは、全長5014mm、全幅1986mm、全高1605mm、ホイールベース2974mm。現行のレクサスの最上級SUV、『LX570』(全長5080mm、全幅1980mm、全高1910mm)と比較すると、66mm短く、6mmワイド、305mm背が低い。フロントマスクは、立体的なスピンドルグリルを採用。リアは、左右に分割されたルーフスポイラーが特徴。

インテリアは、ドライバーのジェスチャーを検知することで操作を行うモーションコントローラーや直感的なディスプレイ表示など、最新のインターフェイスを採用。さらに、ステアリングホイール上にパーキングやリバースなどを含めたシフト操作を集約した。

さらに、LF-1リミットレスには、最新の自動運転技術を導入。ドライバーが、目的地までの運転操作を車両に任せる「ショーファーモード」を搭載。また、4Dナビゲーションシステムを装備。これは、ナビゲーションに時間の概念を取り入れ、車両や渋滞状況などを考慮し、休憩やレストランの提案、ホテルの予約など行うもの。情報はナビのディスプレイや、後席のエンターテインメント、乗員のスマートフォンやタブレットに表示できる、としている。

《森脇稔》

【画像】レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018(10枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. ポール・ウォーカーに捧げる特別な『GRスープラ』3台限定で発売…トムス×月刊誌Safari
  3. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  4. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  5. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  6. マセラティ MC20 日本上陸、鈴鹿サーキットでシェイクダウン
  7. ボルボカーズ、内装に本革を使わない…新型EV全車、C40リチャージ から
  8. 日本再上陸のオペル いつから買えていつから乗れるの?
  9. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  10. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
ランキングをもっと見る